元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

不器用な人間が行き当たりばったりで浴衣リメイクに挑戦した結果

衣替えをしていたら、子供の頃の浴衣が出てきた。母が縫ってくれたものだ。いくらなんでも今の私が着られる柄ではない。物持ちがいいにもほどがある。

 

そういや、「暮しの手帖」別冊で、浴衣地で室内着を作る記事を見たっけ。この浴衣を使って練習がてら作ってみようか、パジャマがわりにワンシーズン着て、色褪せたら捨てる決心もつくだろうし。上手くできたら、ヤフオクとかで安い反物(びっくりするくらい安い。ほんとに。)を買って室内着に挑戦だ!と夢が広がる私。

 

ということで、浴衣をほどいて布に戻し、ほんとは洗濯した方がいいんだろうが、めんどくさいのでそのままアイロンをかけて縫うことにした。できあがってから洗えばいいや。

 

まずはパンツから作成……のはずが、いきなり裁断の時点でつまずいた。というのが、作り方を見ると型紙がなく、曲線部分はフリーハンドで裁ってあるのだ。手持ちの服のカーブに合わせて裁断しましょう、と書いてある。いやいや、そんなの無理って。私にいい感じの曲線が描けるわけないじゃん。

 

なにか参考になるものはないかと本棚を探していたら、下の本が見つかった。不器用なくせに手芸本が好きな私は、意味もなくこの手の本を買う癖がある。役に立つ日がきてよかった。

この本に載っている8分丈パンツの型紙が使えそう。後ろ身頃の型紙は反物幅からはみ出すので使えるのは前身頃の型紙だけ。暮しの手帖の記事を見ると、前後同じカーブで裁ってあるから問題ないだろう。他の作品の型紙も一枚紙に印刷してあるので、原本を切るわけにはいかない。急遽、型紙を写すためのハトロン紙を買いに手芸屋へ。

 

帰宅して、さっそく作ってみたが、私と暮しの手帖社の手芸記事は相性が悪い。段取り通りに縫ったはずが、出来上がってみると、股上の縫い代が未処理のまま。どこで処理するべきだったんだろう? 読み返してもよくわからなかった。結局、最後にむりやりジグザクミシンをかけた。この調子だと、シャツやジャケットまで作るのは大変だな。第一、夜寝る時はTシャツを着るから袖なしシャツは着る機会がない。

 

ここで突然、「そうだ、甚平作ったらよくない? あれってたしか全部直線縫いだよね」と思いついた。さっそくネットで作り方を探す。

yousai.net

nukumore.jp

www.youtube.com

 

sekai-ga-heiwa-ni-narimasuyo-uni.blogspot.com

 

こういう記事を見たり読んだりするのは楽しい。そして自分にも簡単にできそうな気がしてくる。最後の記事に載っていた婦人雑誌の切り抜きを元にして、適当に自分サイズの型紙を作った。

 

結果、めちゃくちゃ時間がかかって大変だった。作り方記事に「一時間もあればできます」と書いてあってつらい。直に裁たずに型紙を作ったのは賢明(普通の人は必要ないと思う)。自己流でサイズを直したのは無謀(できてみたら衿が短くてバランス悪い)。そして、手順をよく考えずに縫ったせいで、泣くような思いをした。

 

作る前は、「全部直線裁ちだし、後ろ身頃と前身頃がつながってるから縫うとこが少なくて楽そう」と思っていた。これがとんだまちがい。衿ぐりのコの字になってる部分の角に小さな切れ込みを入れて、引きつれないように衿を縫いつけていく必要がある。それだけでも、私には難易度が高いのに、先に袖を作って身頃につけていたもんだから、まっすぐに広げにくくて一層大変なことになった。その袖だって、身頃につけようとすると、どうしても脇がつってしまうので、何度ほどいたことか。結局、衿ぐりの部分はミシンで縫うのをあきらめて手縫いにした。

 

出来上がりを夫に見せたら「うちに孫がいればね〜。子供に着せたら可愛いやろうなあ」と言われた。うん、大人が着る柄じゃないよね。パジャマにしても可愛すぎるのは分かってる。

f:id:grisella:20240430210915j:image

それにしても、元々は「室内着を作るための練習」だったはず。甚平を作っても室内着作りの練習にはならない。カシュクールの服が好きなので、それっぽくできないかなとか思ったけど、そんな難易度の高いアレンジは私には無理なことが再確認できた。最初から手芸屋で甚平の型紙を買って作った方が、ハトロン紙を買うより安かったし簡単に作れたと思う。そもそも、浴衣をほどかず上半分を切って手直しすれば良かったんじゃ……まあとにかく完成した‼︎

 

www.youtube.com

これは、甚平じゃなくて作務衣だけど。プロが作ったら、ほんとあっという間だなあ。