元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

金光教のお葬式

親戚が亡くなったので、お葬式に行ってきました。金光教信者の方だったので、普段慣れている仏式の葬儀とはちょっと違いました。お坊さんではなくて、神主さんっぽい装束の方が来られていました。数珠は必要ありませんでした。最初に、参列者が戸惑わないようにということなのか「葬儀式拝詞」というものが配られました。

 

まず、一同で「天地賛仰詞」というのを唱えたあとは、神主さん(じゃないかも)が、故人の生まれてからの来し方を、祭詞というのでしょうか、独特の節をつけて唱えます。どこで生まれ、どんな仕事をし、どのような生活を営んできたのか、いつ病気になったのか、闘病生活はどうだったのか等々。お経と違って短くて具体的だし、故人がどういう方だったのかわかりやすかったです。

 

そののち、焼香の代わりに玉串を捧げます。作法は、最初にもらった「葬儀式拝詞」に図解がついていたので、そのとおりにしました。最後に、「新霊神拝詞」というものを唱えて、一同拝礼したのち、神主さん(?)が退出して葬儀終了です。

 

最後に息子さんが挨拶されました。途中、涙声になりながら話されました。私は、以前、親子でいらっしゃる時に同席したことがあります。息子さんが家を建ててすぐの頃で、お父さんは幾分お酒が入っていたこともあり、上機嫌ではしゃぎ気味でした。そこに「あんたが建てたわけじゃないやろ」と息子さんが冷たい声で言ったので、一瞬場がしんとなったのを覚えています。故人はかなりわがままな方だったようなので、いろいろと確執もあったのだと思いますが、喪主挨拶は父への想いに満ちたものでした。

 

 

理屈は理屈 神は神

理屈は理屈 神は神

 

 

金光教については詳しく知りません。信者の方から、「悩みや困りごとがある時は、教会へ行ってアドバイスをもらう」と聞いたことがあり、(宗教というよりカウンセリングっぽい)と感じました。人はみな神のいとしご(氏子)であり、それぞれの宗教の開祖も、神のいとしごであるという教えから、他の全ての宗教を否定しないという思想を持つそうです。「穏やかな宗教」というのが私の金光教への印象です。

(リンク先のAmazonの本、べらぼうに高いです。「日本の古本屋」サイトで検索したら登録はなかったけど、リクエストしたら見つかるのではと思います。)

 

 

*余談*

一緒に行った父母に聞いた所、近所に黒住教という宗教の信者の方々がいらして、その葬儀も神式だそうです。ウィキペディアを見たら天理教金光教黒住教は、幕末三代新宗教となってました。新宗教といっても、けっこう長い歴史があるのですね。

 

祈りながら書く (「みち」シリーズ 2)

祈りながら書く (「みち」シリーズ 2)

 

 

小川洋子金光教と縁が深いことを知りました。興味深かったので、自分の覚書として追記しておきます。なぜかAmazonでは中古本しか売ってませんが、普通の書店でも取り寄せることができるようです。また「考える人」2008年冬号河合隼雄氏の追悼特集の中に、小川洋子との未発表対談が掲載されていて、金光教についても触れているとのこと。それも収録されているのかな。

 

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

 

 

こちらにも興味があります。

 

 

歯医者に通ってます。

去年の秋口、奥歯の辺りが痛いなあ、虫歯っぽいなと思いました。それで、近くの歯医者へ行きました。10年ほど前に歯の矯正をしたところ。矯正の出来からいってあんまり腕が良さそうではないけど、ちょっと削って埋めるくらいなら大丈夫かなと思って。

 

虫歯と思ったら歯周病になりかけてると言われて、歯石をとったあとは薬をつけて「もう少し様子をみましょう」そのまま通っていて、歯茎の腫れも引いたし歯も痛くなかったんだけど、ある日、チョコレート食べてたら歯が欠けました。

 

なんか、やっぱり、もうちょっと良さそうな歯医者を探したほうが良いんじゃないかと思って、去年の暮れに、夫が歯周病でかかってる歯医者へ変えました。

 

そしたら、奥歯が虫歯でした。それも相当深いやつ。かなり削って銀歯になりました。レントゲンを撮ったら親知らずが残っていて、そのせいで隣の奥歯との間に汚れが溜まりやすいのかもって。歯列矯正のあとに噛み合わせが変わって左奥歯に負担がかかっていて、ぐらぐらしているとも言われました。虫歯は治ったけど、歯ブラシや歯間ブラシの使い方の指導を受けながら、今も歯医者通いをしています。

 

私は、子供の頃、歯並びがぐちゃぐちゃでした。コンプレックスだったけど、昔は矯正費用は今以上に高くて、我が家の家計状況では無理でした。大人になってからは「ブスのくせに見た目を気にしてもむだ」って思われそうで、矯正する勇気がでませんでした。中年になってようやくしたけれど、とりあえずきれいに並べばいいやと、近くて安い歯医者にかかりました。

 

でも、もうちょっと、しっかり調べて選べばよかったし、日常生活の中で、歯を大事に手入れしてくればよかったなあと後悔しています。お年寄りと接する仕事をしていて、入れ歯の悩みは相当聞きました。合わなくて痛い、値段が高い、食事がしづらい等々。できるだけ長いこと自分の歯でいたいので、今からでも気をつけます。

 

ねずみとおうさま (岩波の子どもの本)

ねずみとおうさま (岩波の子どもの本)

 

 

小さかった頃の愛読書。スペインに幼い王様がいました。初めて歯が抜けた夜、賢いねずみが現れて王様を外へ連れ出します。そこで王様が見たものは……私の元へも、ねずみの「ぺれす」が来ないかなあと思ったものです。

 

www.grisella.jp

私が幼い頃に読んだ本の思い出です。

ディーン・フジオカと世界の名作

うちの夫はテレビっ子です。しかもせわしなくザッピングする人。年末年始の私は、ずっとついているテレビの画面を横目で見ながら過ごしました。

 

NHK横溝正史シリーズで、長谷川博己が「無駄無駄無駄無駄〜!!」と叫びまくるのを見て「こんなの金田一じゃない」と呆然としたり(いや、好きだけど)、吉岡秀隆金田一に「これこれ。これが金田一だよ」と安心したり。俳優三人の金田一リレーになっていて、もう一人は池松壮亮だったそうです。これ、三作とも、しっかり見たかった。横溝正史嫌いだから敬遠してたけど、録画しとけばよかった。

 

「笑ってはいけない」は、夫が毎年見ています。私はこの番組が嫌いで、「人を叩いてなにがおもしろいのかわからない」「ほんと嫌い」などと横で言って空気を悪くしてしまうので、できるだけ目に入れないようにしています。でも、バスの中で杉咲花が出てくる場面は大笑いしてしまいました。こんな可愛らしい女優さんが笑いも取ってしまったら芸人さんの立つ瀬がないな。

 

一つの番組を最初から最後まで見たのは少ないです。紅白は全然みてません。評判が良かったようなので少しは見ればよかったかなあ。でも声が出ないユーミンを見たくなかったし。

 

「相棒」は録画して早送りしながら「どんどんつまらなくなる」「ていうかスペシャルでおもしろいのあった?」「大知真央に忖度しすぎ」と夫と悪口を言い合いながらみました。これは悪口込みで恒例行事。及川光博が出たのはうれしかったです。この人好き。独特の雰囲気があって良いです。でも、来年以降はもう見なくていいかなあ。

 

レ・ミゼラブル」は全部見ました。原作とは全然違っていたし、ツッコミどころは多かったものの、なかなか面白かったです。ドラマ「モンテ・クリスト伯」にハマったので、ディーン・フジオカ目当てで見たのに、吉沢亮村上虹郎、若手二人の演技に魅了されてしまいました。ディーンは、浮世離れしたストーリーのほうが輝くし(といっても他は朝ドラの五代さんくらいしか見てませんが)周りの人の演技力を引き出す(演技派を揃えてるだけかな)ように思えます。これからもこういう路線のドラマを作って欲しい、次はどんな名作リメイクがいいかなあと考えたけど、なかなか思いつきません。夫に何が良いか聞いたら「……キャンディ・キャンディ?」丘の上の王子さま役かな。いやいやいや。ドラマ化無理でしょ。それに「世界の名作」じゃないよね。

 

世界の名作文学の中で、ドラマにしたらディーンが輝きそうな作品ってないですかねえ。できれば群像劇になりそうなの。いざとなると全然思いつかないや。そもそも自分、ちゃんと読んだ作品少ないかも。(思いついたらこのあとに書き足します。)

 

フランティック(字幕版)

フランティック(字幕版)

 

 

フランティック」は文学作品ではないし映画としても名作ってもんじゃない。後味もよくない。でも、こういう巻き込まれものはディーン似合いそう。ひたすらヘプバーンが美しかった「シャレード」を思い出して、あの男性版を作ったら……からの連想で。私、この映画好きなんです。

 

 

 

恥ずかしながら未読。今年はいっちょ読んでみるか。これのドラマ化はいけそう。(調べたら2013年にフジTVでドラマ化されてました)

 

 

 

 

 

 

装丁違いの本/『ロッテルダムの灯』/豆本の店

昨日、『錦の中の仙女』を2冊持っている話を書きましたが、岩波少年文庫には様々な装丁のバージョンがあります。この件に関しては百町森さんのサイトに詳しく載っています。

 

岩波少年文庫の装丁の歴史:本・絵本:百町森

 

私が子供の頃に親しんでいたのは、第3期版。ハードカバー箱入りで表紙に大きく挿絵が描いてあります。当時の私は「大人の本が小さくなったみたいでかっこいい」と思っていました。私が今でも小さな判型の本好きなのは、この頃の岩波少年文庫へのあこがれが影響していると思います。

 

f:id:grisella:20190115074848j:plain

 

6期以外に特装版があります。写真は「岩波少年文庫創刊40周年記念 特装版」で、装画はウィリアム・モリスです。古本屋でかなりの冊数入手したうち、この2冊のみ手元に残しています。

 

以前本を買い漁っていた頃は、好きな作品の装丁違いを何冊も持っていました。最近ほとんどの本を手放した中で、庄野英二の『ロッテルダムの灯」だけは二冊持っています。大好きな作家なのです。左の本は私家版なのに、奥付に「レグホン舎」と出版社名が書かれています。当時庭で飼っていた白色レグホンの鶏舎から名前をとったと文庫版のあとがきに書いてありました。私家版は大切にとっておいて、読むのは文庫版です。

 

f:id:grisella:20190115072747j:plain

 

冒頭に置かれた表題作「ロッテルダムの灯」は「講和条約が発効して日本が独立した年の七月、私はヨーロッパへの旅に出かけた。」と始まります。作者はBOAC機の機内で、朝鮮戦争で負傷し、入院していた東京のアメリ陸軍病院からイギリスへ戻る兵士に出会うのですが、兵士は「朝鮮における戦闘のことも、又どのようにして朝鮮へ行ったかも全然記憶を失っていて思い出せない」と言います。そして、「私が最後にたったひとつだけ覚えていることは、軍用船の甲板の上からロッテルダムの港の灯を眺めたことです」というのです。作品はこの兵士の言葉ののち、機内から見えるトルコの山々の光景で短く終わります。4ページ足らずの短い掌編。

 

ロッテルダムの灯』の私家版に「学窓を出てもっとも哀感多かるべき時期を、私は同時代のほとんどの人々と同じように戦場と兵営ですごしました。この本には、何らか戦争に関係あるものだけをえらんでみました。今この本を編むにあたり謹しんで戦没された方々に対し静かに鎮魂の祈りを献げたいと思います。」とあります。激しい戦闘シーンなどはほとんど出てきませんが、一人の生身の青年がその当時をどのように生きたかが散文詩のように描かれています。ぜひ一度読んでみて欲しい、おすすめの一冊です。

 

ロッテルダムの灯 (講談社文芸文庫)

ロッテルダムの灯 (講談社文芸文庫)

 

 

*これを書きながら思い出したこと*

 

高校の修学旅行は東京観光でした。グループ行動だったので三人組でいろいろなところを回りました。偶然、豆本の店を見つけて入ったら、並んでいるのは、ほとんどが工芸品のような精緻なもので、高校生の手が出る値段ではありませんでした。それでも、店主があれこれと丁寧に説明してくれて、申し訳ないような、でも楽しい時間を過ごしました。たしか、安価なピーターラビットの本三冊セットを購入したと思います。その後、かなり長い間、目録が届きました。買いもしないのに悪いなあと思いつつ、読むのが楽しみで届くのを心待ちにしていました。(大人になったらいつかもう一度行って、お礼になにか一つ綺麗な豆本を買おう)と思っていましたが、ときおりふと思い出してみても、訪問する機会もなく、そのうち本から遠ざかってしまう生活になり……去年だったかに久しぶりに思い出して検索してみたところ、2016年に閉店しているのがわかりました。残念です。今なら度々上京するのでどうにか行けたのに。なんとか一冊記念に買うくらいはできたのに。まだ閉まる前の様子が、デーリーポータルZの記事にありました。

 

デイリーポータルZ:豆本の世界へ

「錦の中の仙女」(伊藤高麿 編訳)*読書日記10

一昨日、古本屋で購入しましたが、実は昭和31年発行の初版本を前から持っています。収録作のうち「錦の中の仙女」だけ読んで本棚に並べてました。

 

f:id:grisella:20190113204126j:image

(左が初版本。右が今回購入本で奥付に「昭和43年第8刷」とありました。)

 

以前、この本を買ったきっかけは、高畑勲がエッセイで、「錦の中の仙女」に言及しているのを読んだからです。なんて書いてあったかはよく覚えてないけれど。調べたら私が読んだのは「図書614号〜特集 岩波少年文庫」 だったことがわかりました。また、高畑勲は別著書の中で「この作品をアニメ化しようと思ったことはない。聞いたり読んだりして自分の頭で想像するほうがわくわくするから」といった趣旨のことを書いているみたいです。

 

さて、この本には中国の民話18篇が収録されています。読んでみて、編者が「はしがき」に述べているように、長い年月の間に錬られて洗練されているなと思いました。特に表題となった「錦の中の仙女」は別格に美しい話です。だいたいのあらすじはこちらを見るとわかりやすいです。

 

www2.nhk.or.jp(動画もあります。「NHK for Scool」は充実してるなあ)

 

老婦人が、自らの目から滴り落ちる涙の上に小川や養魚池を、血が滴り落ちる上には太陽を織りだすといった描写や、とび去った錦を取り戻すために息子が自分の歯をたたき落として大きな石の馬の口にほうりこむと、馬が動きだしてヤマモモの実を食べ、火の山や氷の海を駆けるという展開など、色々と興味深かったです。

 

以前も書いたように、私はよく整ったお話よりも、不条理な「え? なんなのこの話」というもののほうが好きです。

 

www.grisella.jp

 

『錦の中の仙女』は、「錦の中の仙女」のような整った話から、数ページ足らずの小話、古い小説を民話化したものなど、様々な作品が収録されていて大満足でした。巻末の作品ごとの解説も詳しくておもしろいです。品切れなのが残念。ぜひ復刊してほしいものです。

 

昔話の語法 (福音館の単行本)

昔話の語法 (福音館の単行本)

 

 

ヘルパーをしていた頃、移動中の車の中で、よくラジオを聞いていました。「昔話へのご招待」という番組があって、おもしろいんだけど、ちょうど昼時なので仕事中のことが多く、全部聞けずに残念な思いをすることが多かったです。

 

fmfukuoka.co.jp

結局、娘は成人式に出席しませんでした

昨年、「成人式に振袖は着ない」と言い出した娘のことを書きました。

 

www.grisella.jp

 

その後、実家の母が「着物を買ってやる余裕はないけど洋服分くらいなら」と結構な額の祝金をくれたので、昨年の春、三人で博多に出てブルーのノースリーブドレスと小物(バッグ、ネックレス)を買いました。ボレロやコートは決めかねて、時間もあるし、後日娘が自分で買うということに決定。夏休みに帰ってきた時に買ったか聞くとまだだったので、もう一度お店に見に行きましたが、さすがに盛夏にボレロやコート類は売ってませんでした。秋以降は用事で電話した時などに「ちゃんと買った? ノースリーブじゃ寒いよ。靴も新しく買うなら早めじゃないと歩きにくいからね」と度々言っていましたが、返ってくるのは生返事ばかり。

 

年末に帰省した際に、さすがにもう買ってるよね? と聞くと「やっぱ、成人式出ない。その前に授業が始まるし。また帰省するのもめんどい」とのこと。いやまあ、それはかまわないけど、お祝いに買ってもらっておいて着ないっていうのもどうよ、ということで、せめて写真だけは撮っておくことにしました。といっても、写真館に行くでもなく、夫が自宅で数枚撮っただけです。

 

まさか、若い頃の私みたいに(自分は世界一のブス)とかこじらせてるんじゃないだろうなと心配しましたが、今から撮るという時に「あ、じゃあメイクしてくる」といって、それなりに化粧をしていたので、単にめんどくさくなっただけみたいです。実家の母に断りをいうと笑ってました。元々、成人式に華美な衣装を着ることを良く思っていない人なので、写真を見せれば満足してくれるでしょう。娘は自動車免許取得のために自動車学校に通っている最中なので、余った祝金はその費用にあてるのもよいかな。彼女の口座に振り込んでいるので好きに使えばよいと思います。

 

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

 

 

我が家は地方の田舎暮らしなので、買い物といえばゆめタウンサンリブ、イオンなどです。今回の帰省時に、娘が「**ちゃん(=娘の友人)が、LINEで、”高校の同窓会に着ていく服、ゆめタウンに売ってないよね” って。無理やろって返した」と笑ってました。……どんなドレスで行こうかってわくわくしてる子も多いと思うのに、君ら、本当そういうことに興味ないんだな。類は友を呼ぶ。

 

 

 

ボレロは、姪が謝恩会で使ったものを借りました。「メルカリで数百円で買ったの。だから気にしないで使って」とのこと。ありがとう。さすが買い物上手。

 

 

久しぶりにブックオフに行ったら時代に取り残されているのを感じた

私はここ数年ほとんど本を読まない生活をしている。週に何度も付近の本屋や古本屋を巡回し、店中の本を眺め回さないと気が済まなかった頃が嘘のようだ。今は月に一度か二度、ショッピングセンター内の書店や、ブックオフほんだらけといったチェーン古書店で、絵本や雑誌、料理など実用書の棚を眺めて何冊か買うくらいで、それもほとんど積ん読状態だ。

 

畑正憲の本に奥さんがデパートでおせち料理を買う描写があったとブログに買いたものの、記憶があいまいだった。それを確認しようと仕事帰りにブックオフに寄ってみた。百円出せば買えるだろうし再読するのもいいかと思ったのだ。しかし、文庫本の棚を探しても一冊もない。文芸書のところにもない。もう一軒、違うチェーンの店に寄ったら、文庫本の棚にムツゴロウシリーズが一冊だけあったが、めあての「結婚記」ではなかった。百円本の常連だったのにな。「は」の棚に一番並んでいるのは畠中恵で、あとは帚木蓬生の本が目立った。どちらも一作も読んだことがない。灰谷健次郎の本が何冊かあって、しぶといなと思った。

 

気をつけて見出しプレート内の作者名を見ていったら、知っているが読んだことがない人、名前も知らない人がたくさんいた。百円均一棚に銀色夏生の本が数冊並んでいて、読んだこともないのに懐かしかった。

 

今年は、もう少し本を読んでみようかな。

 

錦の中の仙女 (岩波少年文庫 (2051))

錦の中の仙女 (岩波少年文庫 (2051))

 

 

 二軒目のチェーン店にハードカバー箱入りの岩波少年文庫が数冊あって、そのうちの「錦の中の仙女」を買ってしまいました。これ、すごくおもしろいです。品切れみたいで残念。