元活字中毒主婦の身辺雑記

日常の細々したことなど。

グロッサリア脇田のこと

四月の下旬、トライアルが経営する「グロッサリア脇田」が開店したので行ってきました。トライアルといえばディスカウントストアのイメージが強いですが、ここは、お洒落なフードコート…じゃなくて…「グローサラント」(って言うらしい)です。下に貼ったリンク内に店内の写真やテナントとメニューの紹介が掲載されています。

 

groceria.jp

 

体育館を改装した建物で、ステージ部分もそのまま残されてテーブル席になってました。(写真撮り忘れた。)客は年配の女性グループが多かったです。写ってないとこには、スーツ姿の男性もちらほら。開店間もない時期だったので、トライアル関係者や視察の人かな?  

 

 

 

ピザ。地元野菜を使っているそうです。普通においしい。

 

 

カルボナーラ。半熟卵が載ってました。濃厚。クレソンが添えてあって良かった。それでも、ちょっともたれました。年だからな…。卵、クレソン共に地元産。

 

 

一枚目の写真の奥の方は食器や食品のセレクトショップ。おしゃれ。でも、客がいない。まあ、まだ開店して間もない時期だし。

 

 

ケーキや飲むチョコレート、パンも売っています。どれもけっこう高い。ケーキは一切れ700円でした(これまた写真撮るの忘れた)。美味しかったけど、宮若市でこの価格は厳しい気がします。わざわざ、ここだけを目当てに遠くから人が来るとは思えません。ただ、グロッサリア脇田のすぐ近くにはトライアルの研修棟(外部研修も受けててかなり盛況らしい)があるので、受講してる人が食べに来たりするのかも。

七月に入ってまた訪れてタルト二種類を買いました。480円と580円でした。(単純な値下げじゃなくてサイズも違うのかもしれない。記憶があいまいでよく分からないです)夕方行ったのにパン屋にはずらっとパンが並んでました。この時間から売れるのか?大丈夫だろうか…。

 

 

宮若市とトライアルは業務提携して様々な事業を展開しています。

 

www.trial-net.co.jp

 

でも、提携時の市長が選挙で落選して、トライアル進出反対派が推していた市長が当選したと聞きました。グロッサリア脇田のすぐ隣には、「ホープ宮若」という直売所があります。かなり昔から営業していて、結構遠くからくる客も多かったそうです。トライアルに協力するならこっちの建て替えにも補助金を多く出して欲しいという声もあったらしい。ホープ宮若は以前の建物のすぐ近くに新しく建て替えられていましたが、かなり小さくなってました。以前の建物は放置されたままです。外部から見ると「なんで一緒にやっていけないのかな〜」と残念。まあいろいろと軋轢があるんでしょう。

 

全然規模は違うけど、この記事を思い出しました。

 

ampmedia.jp

 

あとこれも。

 

www.itmedia.co.jp

 

企業が地方行政に深く食い込むことには警戒心が働きます。でも、地方の小さな市町村は、カリスマ的な指導者や地域の結束がないと、グダグダのまま少しずつ衰退していくことが多いです。企業が力を貸してくれるのはチャンスではあります。宮若市には脇田温泉という昔からの温泉があり、子供の頃わざわざ北九州から訪れたことがあります。ジャングル風呂とかあったっけ。でも、大人になってからは行ったことがありません。福岡市の奥座敷的な位置にあるので、もうちょっとなんとかならないのかな〜と他人事ながら残念。近くにある犬鳴峠も、景色はいいしダムがあるし福岡城の離れ城跡という史跡もあるのに、犯罪とかホラーとかのイメージが強くて全然観光資源が生かせてない感じ。

 

今後、トライアルがどう事業展開していくのか、地元がそれにどう対応し、地元として何をやっていくのか。トライアルも宮若市も、そして事業者の方々も、がんばって欲しいです。←謎の上から目線…。

 

 

 

この本、とてもおもしろかったです。ブログで読書日記も書きました。企業が支配していた島の話です。

 

www.grisella.jp